こんにちは。

横浜の堀川ピアノ教室でございます。


❄️ 雪の日のお客様です。



J.S.バッハ。

とても好きな作曲家です。


子供の頃にピアノを習った先生は、


流れ星バッハをたくさん弾きなさい」


流れ星「なるべく早く舞曲や小品を弾いて、インベンション、シンフォニア・・・に進みなさい」、とよく言われていました。


それで、中学生くらいまで、ずいぶんバッハの曲を弾きました。


その時は、よくわかりませんでしたが、後になってから、バッハを沢山弾いたことは本当によかった、と思いました。キラキラキラキラキラキラ


バッハの曲は、ピアノを学ぶ上でも大事で、課題曲にもよく出されますね。


バッハの曲は、ポリフォニーといって、複数の独立した声部(パート)が重なってできており、それぞれの声部を表現していきます。


そして旋律が重なり合って、美しいハーモニーが生まれてきます。


旋律には「テーマ」があって、それがくりかえされたり、形を変えて表れたりします。


また、色々な舞曲、装飾音符の弾き方、タッチやペダリングなども、バッハの時代の曲を弾く場合はどうするかという知識が必要になってきます。


霧 バッハの曲 霧 霧 霧

初めのうちは、ちょっと難しいと感じるかもしれません。

でも、メヌエット、ガボット、ポロネーズ・・・色々な曲を弾いていくうちに、たくさんの素敵な曲に出会えることでしょう。