こんにちは。
横浜の堀川ピアノ教室でございます。

サクラソウが満開になりました。

4月になって、ピアノ教室は、通常のように教室に来ていただくレッスンは休止です。

オンラインによるレッスンを少しずつ取り入れていますが、皆さんの家での練習のウェイトが大きくなっていると思います。

こういう状況がたまにある事も、マイナスとばかりはいえないように思います。

それぞれの方が色々考え、やってみることが増え、ピアノともっと親しくなるチャンスかもしれません。

練習の効果をあげるために、大切なこと、

それは、“意識” の持ち方ではないかと思います。

ただ繰り返し弾くだけの練習でも、弾かないよりはよいと思います。

けれども、“意識” するという事は、そこにピンポイントで光を当て、集中的にエネルギーを注ぐようなもの。

これが大切だと思います。

たとえば、

指の練習をする時は、どのように動かし、力を使い、力を抜くかを”意識“して弾く。

曲の部分練習をする時は、フレーズをどう表現するかを考えたり、一つ一つの音をよく聴いたりする。

全体を弾く時は、テンポ感やリズム、音楽が止まること無く流れていくことを”意識“する。

また、

一週間のプログラムを作り、一日ごとにどの曲のどのページを練習するか、計画を立てる。

一日の練習では、今日やることをコレとコレ、と決めて、目標をはっきりと”意識”するとか。

ちょっとだけ立ち止まって、今、何をするかを”意識“し、一つのことにフォーカスするとよいと思います。