庭の杏の木に、小鳥がよくやって来ます。

冬の間、近くの枝に餌入れをとりつけて、ときどきアワやヒエをあげていました。

でも、そのあたりの地面には木の根っこがいっぱいで、長年、雑草も生えない状態になっていました。

まるで、庭の小さな砂漠のような所です。

ところが最近、そこに少しずつ草が芽を出すようになったのです。

小さいけれどかわいい花をつけたものや、細長い葉っぱもあります。

そして今日、びっくりするものを見つけました。

生えてきた草の一つに、見なれない “実” のようなものがついているのです。

調べてみると、それはアワかヒエの “穂” のようでした

何も生えなかった地面に、何と、小鳥達が残した穀物が、芽を出し始めたのです。

ずっと、何も芽を出さなかった庭の砂漠も、小鳥達の自給自足には協力しようとしているようです。

しばらくなりゆきを見守ってゆきたいと思います。