秋に菜の花の種を蒔いたら、思ったより大きく育ってびっくりしました。

菜の花に雨のしずくがたまってきれいです。

最近ピアノを始めたPちゃん(仮名)は、前に少しだけ習ったことがあるそうです。

今日のレッスンでは、5線の読み方や、指の番号などを復習し、4小節位の短い曲から練習をすることにしました。

ところが、弾こうとすると、指に力が入って、ゴツンゴツンと何かがぶつかったような音が出てしまします。

今度はそうっと弾こうとすると、かすれ声のような音がします。

ええと、ピアノの音って、どんな響きがするのでしたっけ・・・

一つの音を出して、よく聴いてみましょうか・・・

レッスンが終わってから、Pちゃんに、

「何か弾ける曲があったら聴かせてくれる?」と聞いてみました。

するとPちゃんは、【ネコ踏んじゃった】を弾いてくれました。

もうレッスンは終わって帰りかけていたところなので、立ったままです。

そうしたら、何と、レッスンの時よりも、その時の弾き方が一番自然で、音のきれいなこと!!

うーん!?

立って弾いた方がいいのかな?

と、少しだけ思ってしまいました。