今日は立春ですね。
暦の上とはいえ、「春」という言葉に、何か嬉しい響きを感じます。

そして心も軽くなってきて、新しいことに取り組もうかな、どんどん外に出て行こうかな・・・という気分になるから不思議です。

昨年植えたスノードロップの球根は、まだ寒い中、いつの間にか顔を出して咲いていました。
ピアノのレッスンでも、気持ちを新たにして、春には「基礎作り」をしっかりとさせてゆきたいと思っています。

「楽しく弾く」ということも大事ですが、始めのうちのレッスンでは特に、良い土台をしっかり作っておくことが、本当に大切だと思います。

土台というのは、テクニックや、読譜力をつけることなどです。これができていないで先に進んでしまうと、2,3年たってから後悔することになりかねませんので、始めからきちんと取り組んでいきたいと思います。

この春、ピアノを始めたい方。ご一緒に学んでみませんか?
どうぞお気軽にご連絡下さい。