ピアノを始めて1~2年たった方のレッスンで、「◯◯をやっておけば良かったな・・」と感じることがあります。
そんな時は、気がついたらすぐに、取り組みたいと思います。

こんなことがありました・・・

♡指をドレミファソの位置において弾く本をしばらく使っていたら、指番号に頼って弾いていて、楽譜が読めていないことがわかりました。
⇒そんな時は、手のポジションが移動する曲を増やします。また、五線ノートに音符を書いたり、読んだりします。

♡つっかえつっかえ弾いています。弾きながら楽譜をあまり見ず、鍵盤ばかり見ています。
⇒少しゆっくり、できるだけ鍵盤を見ないで弾く練習をします。

♡足がまだ床に届かないので足台をおいているのですが、足をブラブラして弾いています。
⇒聞いてみると、家では足台をおいていないとのことなので、家でもおいてもらうようにします。

♡指先がへこんでしまうので、「丸くしてね。」と言っていたら、指や手首をカチカチにして弾くようになってしまった。
⇒これは時間がかかる問題だと思います。
イメージした通りのものを実際の音にしてくれるように動く指が必要です。”指を上げて力をぬき、つけ根から落とす練習”をコツコツします。

色々なことをやってみるうちに、だんだんより良い演奏ができるようになることでしょう。