こんにちは。
横浜の堀川ピアノ教室でございます。
今年のピアノ発表会を、9月27日に予定しています。

色々とご協力いただいているみなさま、心からお礼を申し上げます。

今日は、「DUO KOKORO」の目黒明子さんと一緒に、練習をいたしました。

ピアノという楽器は、1人で弾いてもメロディあり、伴奏あり。また2声、3声、4声といった複旋律の曲まで弾けてしまうので、他の人と一緒に演奏する機会が少ないですね。

けれども、誰かと一緒に音楽をする時、1人で弾くのとはまた違う喜びがあると思います。

アンサンブルをする時は、自分の主張を減らしても、相手に合わせようという心。相手の音に耳をすませ、相手のもっているイメージや、呼吸を理解しようとする心も必要になるでしょう。

でもそれが少しずつでもうまくいった時の気持ちというのは、言葉で言い表せないくらい、素晴らしいものだと思います。音楽を通じての、一体感、”至福の時”とでも言うのでしょうか。

目黒さんと2人で弾いていて、呼吸がぴったりと合った時など、嬉しくて・・・。私は思わず相手に抱きついてしまったりします!!

ピアノという楽器は、一人でも曲が弾けるということが、もちろん良さでもあります。

しかしまた、誰かと一緒に演奏することによって、音楽を通じて他の人と共感し合うということも、その醍醐味だと思います。

ぜひみんなに、この楽しさを味わって欲しい、と思います。