o0198026713307460019

こんにちは
横浜市の 堀川ピアノ教室でございます。

時々、心の中に、何かのメロディーが流れてくることがあります。
いつのまにか流れてきて、「あれ、何の曲だっけ?」と考え・・・「ああ、あの曲だ!!こんなにいい曲だったんだ。」と気がつきます。

そして、楽譜を取り出し、あらためて弾いてみると、前に弾いていた時とは違って聴こえてきます。

「ああ、なんて美しい音なんだろう。なんてきれいな曲なのかしら!」と、自分で弾いていてうっとりしてしまったり・・・

このところ、よく聴こえてくるのは、生徒さんが弾いていた、アレクサンドロフの「おもいでのうた」です。

小さな曲ですが、そのメロディーが優しくいやしてくれるかのようです。「こんな曲を弾きたい」と選んだ生徒さんの感性も、素敵だと思います。

そして、心のつばさにのって羽ばたいた曲は、実際にピアノで弾いた時にも、実感を持って、弾くことができます。

自分が練習中の曲でも、道を歩いている時や、のんびりしている時に、フッと心の中にフレーズが流れてきて、「ああ、こんな感じなのか」とわかり、ピアノで弾いてみてもうまくいくことがあります。学生時代、そうして弾いたところは、先生もヨシとして下さるので、「これでいいんだな」と思いました。

「心の中に響く音を、そのとおりに現せたらなあ。体の力を極力ぬけばできるに違いない。」と時々思います。