こんにちは。
横浜の、堀川ピアノ教室でございます。

ピアノをはじめて、最初の何年間かは、土台をしっかりと作ることを、大切にしたいと思います。
そうしてしばらくたち、楽譜を読む力もついてくると、新しい曲を、一人で弾くこともできるようになってきます。

だんだんに、表現力をつけていけると良いと思います。

「表現」・・・これこそとても大事な問題ですね。

その人の中から生まれる表現を、どのように引き出すことが出来るのでしょうか?

そのためには、強弱だとか、ルバートだとかを、全て私が言ってしまうのではなく、『言わない方がよいこと』も、あると思うのです。

おさえるべきポイントは説明し、その後は、自然に流れ出すのにまかせることも必要だと思います。

外からの言葉が少ない時に、自分の中でフッとひらめくものもあるように思います。それは、時にはなんだかフワフワしていて、つかみどころが無かったり、不安だったりするかも知れません。でも、それは自分で見つけたもの、とても大事なものだと思います。そのようなものを励まし、育てていきたいと思っています。

とはいえ、コンクールや、試験を受ける場合などは、どうしても細かくアドバイスすることになってしまいます。でも、いつものレッスンでは、一人一人の中にそれぞれよいものがあるということ。それを精一杯表現することが大切だということを、伝えていきたいと思います。