こんにちは。
横浜の 堀川ピアノ教室でございます。

ピアノ・コンクールは、全国各地、一年を通じて様々なものがあります。数も増えていますので、生徒さんがコンクールに参加されることも多くなりました。

以前は、生徒さんも私も、コンクールというと重大に思い、かなりの緊張感やプレッシャーを感じながら準備をしていました。

けれども最近は、少しずつそんな見方から離れて、違う考え方をするようになりました・・・・もちろんよい結果を目指して、一生懸命に取り組むことは変わりませんが。

コンクールを受ける時には、他の人と競うことを目標とするよりも、自分の練習のためと考えて、努力することが大事だと思うのです。

ステージの上で弾くことに慣れたり、どんな時にも平常心や集中力を保つことを身につけたりするための、よい練習の機会にできたらよいと思います。

色々なコンクールは、自分自身のスキルアップのための一つの目じるし、一里塚と考えて、もっともっとはるかな大きい目標— ”音楽 !!”を学ぶのための通過点に過ぎない、と考えたいと思います。

ですから、結果に一喜一憂せず、淡々と練習を続ければよいと思います。