こんにちは。
横浜にある、堀川ピアノ教室でございます。

7月に入り、夏休みももうすぐですね。
7月にはコンクールもあり、参加する生徒さん達の準備も進んできました。

まずはゆっくり目のテンポできちんと弾けるようにした曲を、次は区切りごとに、さらに丁寧に練習したり、だんだんに早く弾けるようにしたり、色々とやってきました。

今では、かなり速くして、全体がよどみなく弾けるように練習しています。

それから・・・・・

演奏を聴いていて、とてもいいなあ、と感動することがあります。それが、必ずしも技術や年令によるわけでもないので、なぜだろう、と考えます。

ピアノの音色、響きの中に、弾く人の心が現れていれば、聴く人の内にもある同じものが響き合って、感動するのでは無いでしょうか。

ですから、これから曲を仕上げて行く時に、自分でよく考え、音の動きに心の動きを合わせ、生き生きと弾けるとよいと思います。