こんにちは。
横浜の 堀川ピアノ教室でございます。

学生時代から、絵を見たり、描いたりすることが好きでした。

以前友達と行った日本画の展覧会で、とても心惹かれたものがありました。

たしか池に咲く見事な蓮の花の絵を見た時だったと思います。その大きな緑の葉のくぼみには、コロンとたまった、丸い”水の玉”が描かれていたのです。

その”水の玉”の透明感と、小さい中に外の広い世界を映している美しさに、目を奪われてしまいました。

ありふれた小さなものですが、それを画家さんは深く見つめて、想いをこめて描いたのだと思います。そのしずくを通して無限の色や光を見ているのでしょうか?

それからは、植物の絵を見ると、水のしずくが描かれていないかなあ、とついさがしてしまいます。

ピアノ曲にも、大曲もあり小品もあります。そして、小さい曲にも本当に美しい曲が沢山あります。

そういう小品を、表面的に音を並べてササッと弾いて終わってしまうのではなく、深く考え、イメージし、大切に弾きこみたいと思います。

t02200164_0800059812975686090