今日は、寒い一日になりました。

お教室に来る小学生の生徒さんたちの話によると、このところ、学校では風邪でお休みする人が少しづつ出てきたと言います。お教室でも、換気などに気をつけなければ、と思っています。

寒くなると、指が冷たくなり、ピアノを弾く時に動きにくいので、いつも生徒さんが来る前に、部屋を暖めておきます。(そんな時、子供の頃、私がピアノの練習を始める前に、いつも父が先にストーブをつけて、部屋を暖かくしておいてくれたのを思い出します。)

それでも、レッスンに来る時に外を歩いていると手が冷えてしまうので、「手袋をしたり、カイロを持って来るといいですよ。」とすすめています。

私も、真冬のピアノの試験の日などは、カイロを3、4個も持って行ったりしました。ピアノの試験が、なんでこんな寒い冬にあるんだ!! と、ひどく理不尽なことに思えたりしたものです。

でも、冬もあれば夏もあるのですから・・・しかたありません。どんな時も同じ調子で弾けるようにするしかなさそうです。