一人一人が、やがて、自分の演奏を・・・自分の中から出てくる、自分のピアノを弾いてほしいと思います。

そのために、レッスンでは、心の中で弾いてみること、そして、よーく音を聴くことを大事にしています。

肉体的な制限がないので、心の中でなら、素晴らしく上手に弾くことができます。そうして、なるべく体の力をぬいて、想い浮かべたとおりの音を弾くように。

耳で音色のちがいがわかるようになってくると、力のはいってしまった固い音とか、逆にかすれてしまった所が自分でもわかります。そうすると、だんだんに、きれいな音が出せるようになってきます。

本当はこれだけで良いような気もするのですが、やはり想い浮かべるだけではできないこともあるので、指を意識する練習も必要かな、と思います。
そして、それもやはり”指を動かす”ことよりも、”音を聴く”ことを第一にしたいと思います。